• スポンサードリンク
  • スポンサーサイト
  • 2011.02.11 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - | ブログランキング

  • shacho
  • 火怨〈上・下〉―北の燿星アテルイ
  • 2009.10.20 Tuesday 21:36

最近、部長にやっと許可されて、念願の読書部に入部できました。

今月で解雇されないように、一生懸命投稿します。

しょっぱななので、個人的に大好きな火怨をご紹介します。



まずは、この本を読んだ反響をご紹介。



自分・・・2日間会社から速攻で帰り読書に没頭&号泣。48時間不眠で2冊読破。

T岡MGR・・・山手線で号泣し、この人今日失恋した人だと、車内で思われる。
 
Y子・・・涙涙涙。他の人に火怨の良さを伝えようとするが、全て失敗。
 
K関さん・・・男の死に様に涙。忘れないように、二度読む。
 
UE田・・・「泣きはしなかったですが、まあ面白かったです」

 
 
人それぞれ感じ方はあるようですが、
とにかく、人生の中に残る名作です。


 
まだ日本が朝廷によって平定されていない8世紀のお話です。
そう、「鳴くようぐいす平安京」のころです。
 
その頃は朝廷が、東北を軽視していて、
蝦夷と呼んでいました。
この物語は、そんな蝦夷のリーダーであったアテルイと、
その蝦夷を討伐にいった坂上田村麻呂(征夷大将軍)の話です。
 
朝廷側は、日本を平定するために、
そして、蝦夷側は自分たちが人間として、
生きていくために戦います。
 
 
この本でアテルイの活躍はもちろんですが、
とにかく生き様に惚れます。
あまりにも理不尽な要求に対して、
ただただ、人として生きていきたい。
そんな人としての尊厳を最後まで持って、
戦い抜きます。
 
この本は、悩みごととか、困ったこととか
全てを吹っ飛ばしてくれるパワーがあります。
 

歴史物苦手な方にもオススメな1冊です。

  • スポンサードリンク
  • スポンサーサイト
  • 2011.02.11 Friday 21:36
  • - | - | - | ブログランキング

Comment:
2009/10/24 12:20 AM, なかた wrote:
読まなくては!!
泣かなくては!
通勤中に読むのはもったいなそうですねー。
連休見計らってお借りします!
2009/11/29 11:47 AM, なかた wrote:
読みました。
漢ですね。男になりたいと思ってしまいました。
そして東北に行きたくなりました。

まぁ仮に私が男でも歩兵あたりでしょうけども。
もっそいがんばって将だったら伊佐西古とか?
ついでに、SSFでキャスティングするなら
アテルイから下代々は(ひらいで的)王子だけに上田さんかなぁ。
そうなると朝廷のライバルはひろしさん?
参謀は浜田さんとか?
社長はもちろん物部代々で!!ハマル!
女性の場合にはかおりさんもいますし(笑)

ひとりで盛り上がりすぎました。

「炎立つ」は10年前に大河ドラマになってるんですね。全然生きてる時代だけどまったく知りませんでした。
調べたら、経清が渡辺謙!いい!と思ったら、結有は小手川裕子なのかー…。どちらかとゆうと晩年が肝ですしね…仕方ないけど…。
ドラマも見たくなりました。

更に、解説を読んでいたら、「風の陣」に「天を衝く」??まだまだ前後があるんですか!!
よ、読みたい!
2010/01/11 3:12 PM, くろかわ wrote:
読みました。
熱いなぁーかっこいいなぁー。

でも泣かなかっ……や、それじゃUE田さんと同カテゴリーになってしまう!いやだなぁ!

確か、最初の方の飛来手のエピソードでウルッと来た気がします。うん。
Add a comment:









Trackback:
http://ssf-reading.jugem.jp/trackback/16
 
サイト内検索
ブログランキング
カレンダー
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
コメント
TRACKBACK
ブログランキング
 
ケータイサイトQRコード qrcode
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.